闇金の犯罪手口

統計調査から読み解くと、闇金による悩み相談件数に変化はないようですが、闇金業者が復活したようです。ど~も、ヤミ金業者が目立ってきました。

平成17年に発生した人の弱みにつけ込んだ取り立てで追い込まれ、闇金の追い込みが原因の一家心中でヤミ金被害が社会問題となり、各地で警察によりヤミ金業者が摘発されたことで過酷な取り立ては沈静化しました。

ただ、巧妙になっただけで闇金が減ったわけでなく、代わりにソフト闇金と呼ばれたように警察沙汰になるような業者は少なくなりました。

でも近頃、冒頭に述べた過酷な取り立てを行うヤミ金が復活してきました。

従来型の闇金手法は、利用者以外の周辺の人達にまで迷惑を加え、利用者を追い込むことです。
利用者の家族を追い回し、また、職場へ頻繁に電話をかけ働きずらくしてしまいます。

利用者の多くは「借金の悩みを他人に知られると体面にかかわる」と孤軍奮闘しようとします。
ヤミ金はそれを利用するために、被害者のみならず家族・親族にまで嫌がらせをします。

これらの恐怖・不安から逃れたくて家族・親族そして他の貸金業者から借金することをを迫られるなど、最悪のスパイラルに落ちて行く人も多いです。

それ以外に二次被害というべきことを闇金によって強要され犯罪の片棒を担がされることです。

手口は、被害者が緊急に資金が必要な時や、予定通りに返済できなくなった場合に利用者名義で携帯電話契約をさせ、新規に被害者名義の銀行口座を開設させ、その銀行通帳や携帯電話を使って新たな犯罪を企てます。
闇金とのトラブルを一気に解決する方法