ヤミ金の違法な高金利とは

とつぜん、今すぐお金が必要となった。今すぐ、資金手当てしなければならない。親戚や友人からは借りれない。そのような場合、しかたなく消費者金融から借りる人がいますが、それはそれで仕方ありません。簡単な審査で即日融資も可能ですし、背に腹は代えられません。

そこには、銀行に比べはるかに高い金利と取り立て方法で生活が破壊される恐れがあります。契約内容はよくよく読んでおかないと、大いに困ることになるかもしれません。加えて、返済が遅延しないよう、別会社から借りる借金の連続で借金が膨れ上がります。次のステージが闇金融となります。絶対にです。

では、ヤミ金融は何をどうしているのでしょうか。簡単に答えれば、出資法における上限金利を超えて融資している者、貸金業なのに業者登録をしていない者を、闇金といいます。さらに、貸金業者として正規に登録されているにもかかわらず、法律を無視した違法な金利で貸付けしたら正規貸金業者ではなく闇金融となります。

かつては、高利貸しの貸出金利で「トイチ」と表現されるものがあります。わかり易くいえば、10日間借りたら1割もの利息を支払うものです。それを今どきの闇金融になると、かつての2~3倍、年利換算すれば720~1080%もの高金利も存在します。すなわち、10万円をトサン(年利1080%)で借りれば1年間で支払う利息は、信じられないことに、目を疑う108万円です。どうひっくり返っても、こんな金額完済できるはずもありません。

それに返済が1日でも遅れると、ブラック業者による容赦のない厳しい取立てが始まりです。夜昼、時間に縛られず、何十回も嫌がらせの電話をかけたり、自宅はもちろん人目がある職場にまで現れて、脅迫まがいの言葉で取立てをします。前に述べたよううに、ヤミ金融業者は違法な高金利及び、過酷な取り立行為により、闇金利用者の生活基盤を揺さぶりますから、銀行や消費者金融から借りれなくても闇金融だけは利用すべきではないこと明白です。

すでに闇金より借金しているのならば、自分だけで解決しよう考えず、今すぐに法律のプロ、弁護士及び司法書士に相談すべきです。法外な闇金からの借金は、返済する義務はありませんし、取引内容次第では、過去に返した元金と利息分を取り戻すことも出来る場合もあります。
闇金トラブル